« 2017年6月18日 - 2017年6月24日 | トップページ | 2017年7月2日 - 2017年7月8日 »

2017年6月25日 - 2017年7月1日

2017年6月30日 (金)

サイレント・マジョリティ

国会の前での「共謀罪」反対、「安保法制」デモなどはノイジィ・マイノリティという。選挙で棄権するのはサイレント・マジョリティであると思う。日本も恐らくアメリカもこのサイレント・マジョリティが国を運営する原動力であることは間違いない。マイノリティでは国を動かす力はない。

今日は浦安の順天堂大病院へ行って来た。往復1万歩歩いた。金も掛かる、治療はしない。これでは何も進まない。医師だってわからないものは仕方ない・・
上野から日比谷線で「八丁堀」で京葉線に乗り換えた。八丁堀は中村主水の通称だ。この辺は江戸時代奉行所の同心、与力の屋敷があったところ。今は面影などないかも知れないが、一度降りて見て見たい。
**
Img_20170630_aa
**
芝大門の芝大神宮では「夏越の祓」をやっていた。階段の途中にある丸い注連縄を八の字に廻って礼をするとお祓いが出来るらしい。
**
Img_20170630_1aa
***

2017年6月29日 (木)

衆院小選挙区4区

衆議院小選挙区の4区というのは碌な者が出ない。しかし4区もない県もあるし、4区が悪いわけではないが、何故か日本を悪くするような人物が当選している。千葉、埼玉、山口、広島、岩手・・・そういうことってあるもんだ。そうそう群馬も4区は立派な人が出ていたが、その後は2世、3世が継いでいる。これも日本にとって良いことではない。世襲となっていて江戸時代と変わらないということだ。どっとなアホでも政治家の子に産まれりゃ政治家になれる。これでは日本はにっちもさっちもいかんのじゃ・・

今日は午後から陽が出たが、何もいなかった。イノシシ山でオオムラサキの♂を見たが、直ぐどこかへ飛んで行ってしまった。残念。吉井の谷戸を見て廻ったが、まだ全然クヌギの樹液酒場は開店してないし、虫も出てない。キマワリ1匹引っ張り出した。
**
Img_8400aa  
**
庭ではジャコウアゲハの♀が優雅に飛んでいた。昨日は♂もいたので、繁殖するだろう・・
**
Img_8394aa  
***

2017年6月28日 (水)

上奥平のワンコと庭のジャコウアゲハ

今日も歩くところがないので、上奥平へ行ってみた。森新田と違って人通り、車通りは多いとこなので、車に注意、人間に挨拶というとこだ。この犬は甲斐犬といっていた。甲斐犬と云えば甲州芦安村の犬だ。名前は聞かなかったが6歳という。まだ若い。巨大な秋田犬も歩いていたが、飼い主が引っ張られるようなので、遠くから見ておいた。

Img_8320aa
**
ここは宮子根というとこだが、草原にはベニシジミが多く、ヒョウモン類も昼早ければ飛ぶ。わき道に入るとムカデもいた。夏はオオムラサキと一緒にクヌギの樹液に来てる。以前はマムシも歩いていたが、今は舗装で車も多いし、いないだろう。ムラサキシジミが♀だが、半開翅してくれた。
**
Img_8369aa  Img_8339aa
**
夕方家に帰ったらジャコウアゲハ♂が飛んでいた。春先♂、♀がかなり飛んでいたが、暫く姿を見なかった。ウマノスズクサは多くなったので、繁殖してくれるとありがたいが・・
**
Img_8378aa
***

2017年6月27日 (火)

吉井上奥平のワンコとホンダ・モンキー

上奥平の尾根から下奥平へ下って行くとバイク屋(修理屋)があり、毎回懐かしいバイクの写真を撮らせてくれる。ここには黒柴がいるんだが、古い馴染み・・今日は久し振りでその「レイちゃん」に会った。(♀なのでちゃん)左が2008年11月8日のレイちゃん。チロが亡くなって2ヶ月くらい。右は今日のレイちゃん。

Photo  Img_8283aa
**
もう生産中止になる(2017年8月で)モンキーがあったので、撮らせて貰った。昔ヤマハのポッケに乗ってたけど、あまり使わないので、家に来てたプロパン屋へ直ぐ登録変更する約束でただでやってしまった。新車で14万くらいして3000Kmくらいしか乗らなかった。あの頃は結構面倒だったけど、今はチョイ乗りでは便利で経済的と思う。そばにカワサキW1Sの72年型というのがあってギヤが左、ブレーキが右になっている。あの頃はこれにノーヘル、サンダルで乗っても良かった。
** 
Img_8280aa  Img_8281aa
***

2017年6月26日 (月)

ハクセキレイ・河川改修

今日森新田の林道に行ってみたら、もうブルトーザ(ユンボ)が入ってダンプが通れるように林道を工事していた。ここは高崎市だが、高崎と藤岡市の境の堤防補強のため、河川敷の土砂を盛るんだそうだ。残念だが、また虫の環境がなくなる。左が今年4月26日の状況、右は今日の林道。

Img_6331aa  Img_8264aa
**
この林道と藤岡市側の鏑川堤防には春先から今までいろんな虫がいて楽しんだ。ツマキチョウがめった穣産、スジグロ、ツバメシジミ、キマダラセセリ、トラフシジミ、ギンイチモンジセセリ他普通種は数しれず・・トンボも多い。その他昆虫は今年春先からだけなので、分からない。昨年は薮で通れなかった。
河川敷にはオオブタクサ、ヒメムカシヨモギ、アレチウリ、ヨウシュヤマゴボウ、他外来生物が一杯。
**
Img_8201aa  Img_8204aa
**
その補強する堤防にはウマノスズクサ、ワレモコウ、ナンテンハギ、ミヤコグサなどが一杯。これの上に外来生物の土砂が被さる・・勿論シルビアやアサマがいるわけではないけど・・
**
Img_8205aa  Img_8272aa
**
工事で埃っぽい林道にはハクセキレイが遊んでた。
**
Img_8261aa
**
もう虫の写真が撮れる里山も河川敷もなくなってしまう。残念だが仕方ない。虫なんかいなくったって人間は困らない。
***

2017年6月25日 (日)

中国四川省の土砂崩れ

四川省アバ・チベット族チャン族自治州の山間部で大規模な土砂崩れがあり被害が出ているという。ここは15年ほど前九寨溝へ向かう街道で叠渓鎮跡を覗いてみたことがある。美しい景観で知られるこの叠渓湖の周辺では、1933年にマグニチュード7・5規模とされる大地震が起きており、地盤沈下や山崩れで約3000人が死亡した。下記はその旅行時に写した景観であるが、下は岷江でここに叠渓鎮という集落があったが、地震により土地が陥没、湖になったという。

Img_20160226_0007aa
**
その叠渓鎮新磨村の位置を貼っておく。
**
U7k_edited1
**
国会は閉まったが、自民党衆議院議員のT氏の言動が物議を醸している。大変なブランド学歴の議員ということなのか、どうでも良いことを騒いでいると思う。食うに困っているのならある程度仕方ないと思うが、秘書だからって殺されるわけでなし、少しは反発しろよ。あれは聴いていると「ヒステリー」なんだけど「ヒステリシス」を想い出してしまう。ヒステリシスとは「加える力を最初の状態のときと同じに戻しても、状態が完全には戻らないこと」を指す。例えば、「弾性変形の限界を超えて伸縮したために塑性変形が加わったばね」のような事例である。界磁に交流を流し、回転子に強磁性体を使う。ヒステリシスループの面積に比例してトルクを発生し,このループは回転速度によって変化しないから,トルクは始動から同期にいたるまで一定である。このため回転力が均等で,振動がなく,なめらかに運転するので,レコードプレーヤ,テープレコーダ用として使用される。昔は戦闘機にはテレタイプが搭載され、その発電機は400Hzなので、ヒステリシスモーターを使った。今はそんなのはない。回転の均等さより2万メートル上空で小型モーターが作動すると、回転軸受けの方が問題だ。よほど良いグリスを使ったベアリングでないと、極低温のためグリスの粘性が上がり、回転の立ち上がりが極めて悪くなるか、立ち上がらないこともありうる。で、機械研究所へ通ってグリスと立ち上がり時間のデータをとった。その頃はオシロスコープで紙に書かせた・・・今では使わない。そのとき採用したグリスは「アルバニアNO.2」だった。旧い話・・技術は日進月歩ということ。
で、それとは全く関係なく、どーでもいいことで騒いでる場合ではないでしょう。ブランド学歴で立派々。早速モノマネした芸人がいるようだけど、騒ぎすぎ。
**
ここんとこ忙しくて通院、リハビリで・・写真があるので勿体無いから貼っておく。昨日吉井の雑木林で見た、ミドリヒョウモン、ミズイロオナガシジミ(曇天で暗い、しかも4時半頃)
**
Img_8211aa  Img_8220aa
**
庭では色々ユリが咲き始めた。
**
Img_8228aa  Img_8247aa
**
高崎市ではもうジャノメチョウが見られた。今年は早い。それと今日のイノシシ山入り口の「ボス」。
**
Img_8239aa  Img_8240aa
***

« 2017年6月18日 - 2017年6月24日 | トップページ | 2017年7月2日 - 2017年7月8日 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ