« 2017年5月28日 - 2017年6月3日 | トップページ | 2017年6月11日 - 2017年6月17日 »

2017年6月4日 - 2017年6月10日

2017年6月10日 (土)

ウメエダシャク・ウラギンシジミ

今日は朝良い天気だったが、昼頃から雲が出て、それでも蒸し暑い日だった。朝日課で奥さんが神社まで歩いて帰ってくると「ピラカンサの垣根で蝶が無数に飛んでいた」というので、午後見に行った。やっぱりウメエダシャクだった。しかしその頃には無数にはおらず、数頭パラパラと飛んでいるだけだった。

Img_7871aa
**
午後はイノシシ山に歩きに出掛けたが、相変わらず何も見られず、カミキリが少し、なんだか汚損した裏面のウラギンシジミ♀、新鮮なツバメシジミ♂が見られた。
**
Img_7878aa  Img_7883aa
**
Img_7888aa  Img_7893aa
**
今年はあまり見なかったウツギがまだ咲いていた。
**
Img_7894aa
***

2017年6月 9日 (金)

ミズイロオナガシジミ

今日は首を起しているだけで辛かったが、じっとしているとますます悪化しそうなので、また高崎郊外の谷戸に観察に出かけてみた。日中の暑いときは却って何もいないので夕方雑木林に入った。ところどころ陽だまりにはルリシジミ、オオミドリシジミ、コミスジなど、林縁ではコジャノメ、Lethe類、などが見られたが、久し振りでミズイロオナガシジミの新鮮な個体が静止しているのを見つけた。10年くらい前は無数に飛んでいたり、赤城南面の「赤城ロマンド」では50卵くらい越冬卵が採れた(これは後ほどチロに戸外に吊るした卵を入れた袋をズタズタにされたんだが・・*註)時期もあった。普通種でも簡単には見られない。

Img_7863aa
**
ルリタテハが飛んでいたが、これで見るとかなり表翅は擦れていて新成虫には見えないが、そうでもないのか・・帰りに河川敷の草原でこれも春以来久し振りでベニシジミを撮った。
**
Img_7851aa  Img_786aa4
**
註:以前赤城ロマンドはそれほど別荘は建ってなかった。疎林にコナラ、クヌギ、カシワの木があってハヤシミドリシジミ、ウラミスジシジミ、オオミドリシジミなど沢山越冬卵が採れた。ミズイロオナガシジミなどは狙って(探して)採れるものではないが、ここではコナラの枝で簡単に見付かった。その年は豊作で沢山の越冬卵を持ち帰り、庭の裏手のアオキの木の枝に布袋に入れて吊るしておいた。こうして越冬させると翌春の孵化率が良い。友人がゼフの越冬卵管理を訊いて来たので、見せてやった。それをチロが見て居たのである。翌日朝庭を見るとチロが白い布を振り回していた。ハッと気付き慌ててゼフ卵の袋を取り上げたが、既に遅く、全ての卵はどこかへ飛んでしまい、悪いことにフジの卵20、その他他でも採った越冬卵は全てチリジリバラバラ・・・それからゼフィルスの飼育や越冬卵採集はあまりやらなくなった。あの衝撃は大きかった・・・そのチロは居なくなってもう9年になる。
***

2017年6月 8日 (木)

入梅

今日は朝から晴間があったので、首が辛いがイノシシ山へ行ってみた。ほとんどまともにあるけなくなった。朝DSA通信が来ていた。あまり新治療や知見は載ってない。

イノシシ山ではジャノメ類が新鮮なものがでて来た。Letheの類・・
**
Img_7809aa  Img_7814aa
**
イノシシ山には巨大なアベマキがある。下左の写真で左がクヌギ、白っぽい右がアベマキの葉裏。カラムシにはラミーカミキリが多くなった。沢山見られる。
**
Img_7817aa  Img_7843aa
***

2017年6月 7日 (水)

天候不順

最近30度越したり、25度前後で涼しい日がある。首は治療法はないけど放っつたらかしには出来ないので、東京や太田のクリニックに通っているが、当然治療法はないので、効かない。どうしたらいいかね・・・

6月2日は晴れてイノシシ山の林道ではテングチョウの新成虫が多かった。
**
Img_7683aa  
**
庭では何年ぶりかでユスラウメの実が付いた。隣のモクレンの木陰になり勢力が衰えたみたいなので、冬にモクレンを大きく剪定したら、元気が出て来た。
**
Img_7718aa
**
今日は朝から小雨が降ったりして「入梅」とか言っていた。夕方には20度を切ってシャツ一枚では涼しすぎるくらい。
***

2017年6月 5日 (月)

ブレない北朝鮮と日本内部の危険

今日は東京と太田のクリニック、ダブルヘッダー。詳細は夜。今は米、中国、北朝鮮の複雑な極東情勢に日本は利権とポピュリズムを利用した甘い認識で、非常に危険な時期であろうと思う。あの太平洋戦争の悲惨さ、理念のない国の運営、「大義に生きる」「武士道精神」など空虚な言辞が飛び交うようになったら歴史は100年戻ってしまう。一般国民は目先の快楽を追い求め自滅して行くだろう。・・・新幹線にて。

Photo
**
今年は(昨年も)キアゲハが少ない気がする。
**

自民党の古屋圭司選挙対策委員長

北朝鮮は、今年は9回もミサイルを撃っている。デブの金正恩(キムジョンウン、朝鮮労働党委員長)っていうどうしようもない人。北朝鮮は伝統的に融和策をとっても、(問題は)解決しない。締めて締めて締めて締め上げると、少しずつ小出しにしてくる。これが北朝鮮の歴史。(指導者の)代が替わってもそれは変わらない。今、日米韓そして国際社会が圧力をかけているのは正解だと思う。

これは小学生が悪口を言ってるようなもんだ。金正恩なんか強かで、こんなこと言ってるとひどい目に遭う。北がミサイルを撃ち込むのは日本しかない。そうするとアメリカが助けてくれるというのは甘い。日本は軍隊が復活し、一般国民はまた戦火にまみれ、あの悪夢も復活するのだ。

***

« 2017年5月28日 - 2017年6月3日 | トップページ | 2017年6月11日 - 2017年6月17日 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ