« 2017年4月30日 - 2017年5月6日 | トップページ | 2017年5月14日 - 2017年5月20日 »

2017年5月7日 - 2017年5月13日

2017年5月12日 (金)

イノシシ山の初夏

イノシシ山も春は進んで、天気が良ければ蝶も見られたと思うが、午後遅かったので、様子を見ただけ。コジャノメが多数飛んでいた。カラムシにはもうラミーカミキリが出ていた。

Img_6931aa_edited1  Img_6923aa_edited1
**
サルトリイバラの葉には特徴のある食痕があり、裏返すと若齢幼虫がみられる。ヒメウラナミジャノメも新鮮なものが多く、眼状紋に変異が多いが、表翅3~4室の眼状紋が少し変わっていた。
**
Img_6928aa_edited1   Img_6938aa_edited1
**
イノシシ山へ入る道の廃屋では花が綺麗に咲いていた。
**
Img_6919aa_edited1
***

2017年5月11日 (木)

ジャコウアゲハ

今年もやっとジャコウアゲハの♀が庭で飛び始めました。♂はかなり前から飛んでますので、ボロが多いですが・・♀も数日前から見てますがやっと撮れました。

Img_6904aa  Img_6911aa
**
シランは最盛期です。
**
Img_6914aa_edited1
***

2017年5月10日 (水)

カントウタンポポ

高崎郊外の丘陵地ではまだタンポポの総苞片が反り返ってない、日本タンポポ(在来種)が見られます。それでもセイヨウタンポポの蔓延は著しく全体の感じでどうも雑種ではないかと思うものが多々見られます。タンポポの葉は食用になるそうですが、在来種の葉は柔らかそうで、この辺はどうもトゲトゲしい感じのものが多く、もう純粋な在来種はないのではないかとも考えてしまいます。

左がカントウタンポポと思われる花。花の下の総苞片は反り返っていません。右は全体ですが、葉が硬そうで、更に左の花の下の総苞の先がコブコブになってます。
**
Img_6855aa  Img_6862aa
**
庭のタニウツギが咲きました。
**
Img_6902aa
***

2017年5月 9日 (火)

桐の花

庭ではニワゼキショウが咲いている。これは1年草ということだが、毎年必ず花を咲かせる。赤紫と白がある。

Img_6798aa  Img_6802aa
**
今頃は丘陵地では桐の花が盛りである。右は花の近影(望遠)。
**
Img_6842aa  Img_6851aa
**
まだハルジオンの季節であり、ほとんどハルジオンである。
**
Img_6837aa  Img_6840aa
**
ニセアカシアも最盛期であるが、市内ではもう終りかけなので、谷戸などでは花期は遅れるようだ。先日見られなかったエビネが見られた。まだ蕾でこれからのようだ。
**
Img_6814aa  Img_6864aa
**
雑木林の下草ではマムシグサが見られる。気味の悪い模様である。秋にはもっと気味の悪い実が見られる。
**
Img_6655aa  Img_6877aa
**
ニガナもあちこちにあった。右は今頃カラムシに沢山見られるアカタテハの若齢幼虫。これは「じゃくれい」と読むが、以前は「弱齢」と書く人が多かった。いくら言っても直さない。私に注意されるのが悔しかったのだろう。
**
Img_6883aa  Img_6828aa
***

2017年5月 8日 (月)

上州新屋

高崎~下仁田間に上信電鉄がある。上州冨岡駅より3つ高崎寄りに上州新屋駅がある。勿論無人駅であるが、田舎の駅の雰囲気がある良いところだ。近くには三途の川や菅原神社もある。三途の川の話を書こうと思ったが、時間がないので、次回・・・

Img_6560aa
**
ムラサキカタバミが咲いた。Oxalis debilis Kunth subsp. corymbosa  という。
**
Img_6621aa
***

2017年5月 7日 (日)

ヒメジョオン

今はどこでもハルジオンばかりだが、今日はヒメジョオンを見つけた。

Img_6766aa
**
春先似たような黄色い花・・左がウマノアシガタ、右がクサノオウ。良く見ると全く違う草だが、何気なく見ると良く似てる。
**
Img_6716aa  Img_6723aa
***

« 2017年4月30日 - 2017年5月6日 | トップページ | 2017年5月14日 - 2017年5月20日 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ