« お彼岸 | トップページ | パピリオスミレの雑種 »

2017年3月21日 (火)

バードウィング標本箱

何でこんなに開け難い標本箱を作ったのか聞きたいくらいだ。しかしそろそろ展翅を外して標本を収納せねばならないので、友人に箱の「オープナー」を持ってるか訊いてみた。すると良い方法があるというので教えて貰った。ちょっと前に霧島さんから聞いたやりかたの更に確実なやつだった。要は100均でゴムサックを買ってきて、それを指にして開けるというのだ。先ず全く歯がたたなかった箱をやってみた。力を入れて角を開けてみたら少し隙間が開いた。そこで4角を少しずつ開けたら無事開いた。

**
Img_4574aa
**
これならオープナーで傷をつけることなく開けられると思い、次の奴に取り掛かった。今度ははかなりきついがそれでも隙間は空く。そこで力が入り過ぎてしまったのか、一気に一箇所が開き、霧島さんのときに懸念したように蓋が曲がるようにゆがんでガラスが割れてしまった。これは修理して貰うとして力の入れ加減が難しい。とにかく指に摩擦がかかれば必ず少しでも隙間が開くのでゆっくりやればいいということだ。
**
Img_4580aa
**
今日は一日雨で写真はなし。昨日のとんびを貼る。トビも大きなヤマカガシを狩るときは時間をかけて少しずつ責めてゆっくり弱めて、ぐったりしたら爪で掴んで持っていくようだ・・・
**
Img_4575aa
***

« お彼岸 | トップページ | パピリオスミレの雑種 »

コメント

バードウィングは開き方云々より重大な,充分な乾燥の為されていない商品があるということなのです。退職時にまとめて買った箱は,ともかく展翅がやたら狂う。ここまで展翅の腕が落ちたかと嘆いていたところ,facebookで同じような事例があったことを知り,議論してみると。。
な~んだ,それは接着剤であれ木材そのものであれ,ともかく箱そのものが乾燥してないうちに出荷してしまったというお粗末・・
堪忍してくれよ~~,ヒメシジミの前翅にシミまで出てしまったのだぞ!
箱は購入後,半年以上乾かすという方もいることを知った。
昔の箱はそんなのなかったぞ。
入れる箱がないから買ったのに,それ以上に待たせるのか!!!

ugoasahi さん、コメントありがとうございます。たしか以前板でそのようなこと言ってましたね。まぁこの標本箱は県博のご好意で借りたものですから、収めるとき良く言っておかないと駄目ですね。自分のなら良く枯らして使います。しかし県博の収蔵庫は湿度管理、温度管理、勿論防虫管理も万全ですから大丈夫でしょう。それにそのような品質クレームはもうバードウィングにフィードバックされていないんでしょうか?今や標本箱メーカーは絶滅危惧種ですからね。それより昆虫標本のコレクターも絶滅危惧種ですね。最近大宮、大手町では「終活」老人が多くなったようです。それにそんなとこで買うコレクターも減っているので、先々は標本はみなガラクタになっちゃうんですね。あの世界的コレクション・藤岡コレクションが無料でしかも失礼ながらあまり知られてない地方の私立大学行きですからね。五十嵐コレクションはまだ時期が良かったのか、一応東大の博物館入りでしたが、長生きすると貴重なコレクションも大切に扱われないというのは皮肉なものです。私のものも三角紙で残ってしまわないようせっせと整理しないといけないと思ってます。またコレクターの皆さんには今後の蝶コレクターをとりまく環境の悪化を良く勘案して行き先を良く考えてコレクションをするよう考えた方が良いですね・・と云いたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575206/65048584

この記事へのトラックバック一覧です: バードウィング標本箱:

« お彼岸 | トップページ | パピリオスミレの雑種 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ