2018年1月21日 (日)

イカル・エナガ

今日は何時も通り玉村へ出掛けた。毎日同じことばかりだけど、これは鳥撮りではなく、リハビリだから仕方ない。でも毎日同じところばかりだとつまらないけど、ただ歩いたってこれもまたつまらない。1日2~3時間昼間暖かいときだけだから時間はもったいない・・

*
今日はイカルが撮れた。正面を向いてとまっていたが、横顔が見たくてねばった。そのうち飛んで横向きにとまったと思ったら、直ぐ移動して、写真はボケた。残念。同じところでエナガも見た。昨年は吉井町で群れを作っているのが見られたが、ここでは初めて。
**
Img_8280aa  Img_8356aa
**
水場では他にシジュウカラ、メジロが多かった。素早くて中々撮れない。撮れてもピンボケ。他はツグミ、ヒヨドリばかり。アカゲラの音がしていたが、見えなかった。
**
Img_8346aa_2  Img_8350aa
**
アオジも木にとまった。
**
Img_8313aa
***
キルギスの思い出⑥を更新しました。
    *
    *
***

2018年1月20日 (土)

大塩湖・ベニマシコ

今日は冨岡・大塩湖にベニマシコがいるというので、行ってみた。結論から言うと何もいなかった。鳥撮り屋もいなかった。周遊道路は3.2Kmで歩くには適当な距離。途中撮り屋が2人いたので、訊いてみたら、ベニマシコ観察ポイントは教えてくれた。有名なのだ。

**
途中城下町「小幡」の道の駅に寄った。甘楽町のユルキャラ「かんらちゃん」があり、松井家の遺構が移築されていた。江戸中期、甘楽町で名主を務めたという。
**
Img_8179aa  Img_8180aa
**
大塩湖は暖かかったが鳥は少なく、水鳥はオオバンばかり。周回道路にはサクラがあり、春は美しい風景が見られるだろう。
**
Img_8186aa  P1201770aa
**
ガンカモ科も少なく、ホシハジロ・ペア、マガモ♂くらい。
**
Img_8195aa Img_8227aa
**
一回りした頃、ジョウビタキの♀が現われた。ベニマシコは玉村でも見られると聞いたが、大塩湖に沢山いると聞いたとき、あんなところまで行っていなかったらつまらない・・と思っていたが、やっぱり見られなかった。でもこういうものは鳥に限らず行ってみないと分からない。
**
P1201783aa
***

2018年1月19日 (金)

キセキレイ・アオジ

今日は首がひどく曲がる。それでも午後遅くまた出掛けてみた。ほとんど普通に歩けない。首が曲がってるから、ヨロヨロする。困った。昨日はイカルの騒ぎで鳥撮り屋が沢山いたが、今日は午前中来て帰ったらしい。数人残っていたので、訊いてみると「もういない」と言って帰っていった。ダイサギ、アオサギ、シジュウカラくらいしか撮れない。

*
夕方帰りに水場へ寄ってみたら、アオジとキセキレイが撮れた。もう陽が足らないので、シャッター速度が遅く、ブレがひどかった。ややマシなものを貼る。
**
Img_8176aa  Img_8134aa
**
庭ではマンサクがそろそろ満開になる。
**
Img_8094aa
***

2018年1月18日 (木)

都寿司ランチ・新鏑川橋

今日は昼は寿司ランチへ行って見ました。最近は寿司といえば「回転寿司」で、こういう昔ながらの寿司屋はあまり人が来ません。昔は1000¥しないで、高級なネタのちらしが食えたのが、最近は値段も上がり、ネタもやや落ちました。それでも回転寿司とは違います。

**
Img_7969aa
**
午後には角淵へ行きました。今日は(一昨日あたりから)イカルが来たというので、カメラ小僧(ジジイ)が20人くらい、バズーカ砲を構えて集まっていました。撮れた写真を見せてもらったらシメの親分みたいのが撮れていました。
**
何時もの水場でのシロハラ、アオジ、
**
Img_7978aa  Img_7981aa
**
初めて出会う鳥がいたので、また教えて貰った。鳥初心者は大変・・これは特定外来生物のカオジロガビチョウという駆除しなければならないものです。そういえば薮の中にやたらいました。
**
Img_7997aa  Img_8068aa
**
これは水浴びしてるところ。
**
Img_8006aa
**
イカルを撮った人のカメラ。ニコンの80~400mmの望遠、数十万円する奴です。とても買えない。
**
Img_8074aa
**
あとはカケス、カワセミ撮りそこない。シメ、ツグミ、ヒヨドリ、メジロ、シジュウカラくらいなので、鏑川へ行って見ました。
**
鏑川では白鳥は30羽くらいです。一時は70羽以上いましたが、ワンコ連れや車が岸際まで入るためか、工事の音なのか、ずいぶん少なくなっていました。工事は半ば出来上がって2020年開通予定。橋の計画図が貼ってありました。藤岡市側はまた田畑を潰して藤岡ICと長瀞線バイパスにつなげるのでしょう・・
**
Img_8088aa  Img_8085aa
***
キルギスの思い出⑤を更新しました。
  *
  *
***

2018年1月16日 (火)

玉村・鳥・ヨリトフグ

今日はがっかりしたので、何も書く気力がない。首も歩くと痛くて歩くのも嫌だ。鳥を撮ったので、ひとまず貼っておく。

ガビチョウ、ツグミ。
**
Img_7912aa  Img_7924aa
**
シメ、モズ、
**
Img_7931aa  Img_7947aa
**
ツグミとシロハラ、シロハラ。
**
Img_7961aa  Img_7964aa
***
キルギスの思い出を更新しました。
  *
  *
***
愛知県でヨリトフグがスーパーで肝臓入りで販売されたという。このフグは昔から毒はないとされ、長く食用とされてきた。しかし厚生労働省ではフグの肝臓を一般的に可食部位とは認めておらず、問題になった。今のところ健康被害は出てないという。これを聞いて「らくだ」と言う噺を思い出した。乱暴者で長屋の嫌われ者の通称らくだ「"うま"と言う」がフグを食べて死んでしまう。そこへ兄貴分の「丁目の半次」が来て、かみくず屋を引き込み、長屋へ香典やお通夜の酒などを無心に行かせる。言うことを聞かないと「死人を担いで行って"かんかんのう"を踊らせる」と威す。この"かんかんのう"は唐人に踊りとして意味は知らずに「中国が元でナンセンス・ソングとして」江戸末期文政年間に大いに流行り、禁令が出るほどであったという。「らくだ」の噺は11代将軍「家斉」の頃。家斉といえば側室多数、子供は公称51人という将軍である。将軍、大御所として54年間権力の中枢にあった。ために幕政は大いに乱れ、腐敗したという。その後12代家慶16年、家定5年と短命な政権を経て「天璋院篤姫」で有名な家茂「正室は皇女和宮」とつなぎ、15代慶喜で江戸幕府は終焉する。話がそれました・・
***

2018年1月15日 (月)

アオジ・想定外災害

今日も寒かった。天気予報は全く目安にならない。災害が何でも「想定外」で片付けられるようではダメでないの。信越線の雪で列車閉じ込め15時間は色々声があるらしいが、結果犠牲者が出ない、けが人が出ないの結果オーライではダメだろう。世界最先端のリニア新幹線を(7兆円で)作れる日本は70cmの積雪に対処出来ないのだ。言い訳はいくらでもあるだろうが、「想定外」がまかり通るなら事故対策はいらない。想定外で頭を下げればこと足りるからだ。勝手なこというやつらは電車に15時間立って貰うと良い。

**
玉村・角淵は公園中をBMWのバイクでグルグル走っている奴がいて、鳥は皆逃げた。車で走るのは勝手だが、ここまで個人主義が通る国も珍しい。公園は鳥を撮るだけじゃねーぞ❗️と言われりゃ、そりゃそうです。
**
出掛ける前に家の庭にジョウビタキがいた。またうまく撮れなかった。メジロ、ヒヨドリ、ツグミも沢山いたが、全く敏感になって撮れない。
**
Img_7844aa
**
今日はアオジが撮りやすかったので、背中も撮ってみた。
**
Img_7889aa  Img_7901aa
**
同じところでツグミ、スズメ、シメが一緒に撮れた。
**
Img_7875aa
***

2018年1月14日 (日)

ドライブイン・ななこし

今日は日曜なので、混んでいると嫌なので、別のポイントを見に行った。これは大失敗。何もいなかった。まず藤岡市・竹沼へ行ったが、釣り客がパラパラ、カモ以外は見られず、竹沼貯水池一周ドライブで終った。ここはむかし周回道路の斜面でオオミドリ越冬卵がいくらでも採れた。今は何もいない。鳥もいない。でも行ってみないと分からない。もうロウバイが最盛期だった。

**
Img_7775aa  Img_7777aa
**
その帰り道、数日前TVでやってた藤岡市の群馬県を代表する自販機スポット「ドライブイン・ななこし」に寄ってみた。チャーシュー麺が美味いそうだけど、チャーシューだけ買えればと入った。駐車場が工事していて、狭くなった店の前は車でいっぱい。ゲーセンがあって時代遅れなヤンキーがたむろしてるかと思えば、場違いな若夫婦や子供連れがゾロゾロ来る。普通のおじさん、おばさんも来てる。中は全て自販機。店員はいない。「ここへくれば人間ドラマがある」と言われた、独特の「昭和レトロ」のスポットは並ばないとチャーシュー麺は食べられない。
**
Img_7794aa  Img_7796aa
**
帰りに久し振りでイノシシ山入り口を見たが、ここも貯水池は凍ってて、何も見られない。ワンコは冬毛でモコモコしていた。
**
Img_7801aa
**
鏑川は白鳥は少なくなっていた。見物客はいない。帰り際数人の子供たちが自転車で来た。左はカメラを向けると飛び立つ直前のダイサギ。自宅庭でのツグミ。今日は庭のサクラにヒヨドリ、ムクドリも来たが、撮れなかった。
**
Img_7823aa  Img_7762aa
**
「はれのひ」という成人式ビジネスは結局新手の詐欺になってしまった。成人式はここまで問題になって、本当は止めたらどうかと思う。或いは別の成人のお祝いを考えるべきだ。毎年型にはまった晴れ着、成人式の地元政治家のくっだらないスピーチ、果ては旧態然の衣装での大暴れ。成人式って何か意味、意義があるのか・・金を使って余計な騒ぎをしてるだけと思う。女の子には気の毒だが、晴れ着を着るのが目的になってしまってる成人式を改めるか、止めるかどうかしたらどうなんだ。こういう若い子が飛びつくビジネスで少し前てるみクラブというのがあった。これも大金を騙し取られて泣き寝入り。こんなおかしな世の中変えなくてはいけないんじゃないの?JRらしい失態も出来。雪で動かなくなったら早々に乗客は降ろして別輸送すべきじゃないのか?JRの社長以下、役員、幹部は雪の中で15時間車両に乗せないと反省しないと思う。自分で痛さを感じないと治らない。「今後このようなことのないように検討する」というのは「今後何もやらないで、今まで通りやる。そうすれば世の中は忘れるだろう。今回は運が悪かっただけだ。次の社長、役員になってまた起こったらおいらは知らんでいい」ということだ。オリンピックも巨大な利権の「お祭り」だ。早々に人類はオリンピックをやらないことにすべきだ。
***

2018年1月13日 (土)

玉村・シメ

今日もシメが見られた。後は昨日と同じ。寒いので一回りして戻った。キセキレイも見られた。
**
Img_7738aa  Img_7745aa
**
鳥観察地の近くに畑(河川敷の中に大きな耕作地、ビニールハウスを持っている)を持つジジイと会うと話をする。今日は今年の寒さ、昨今の野菜の高値、日本の企業の凋落などが話題。ジジイと言ってもそんなに古い年代ではなく、戦後育ちの日本観。慰安婦問題の韓国の対応、モンゴル力士の大相撲問題、日本はまともな国だと思うが、最近は犬、猫をやたら飼って近所迷惑・・まぁ庭先?を通らして貰うので暫く雑談。鳥撮り屋のマナーの悪さも怒ってた。玉村でも今は田舎ではない。そうそう朝鮮(韓国とは言わず)では大統領を辞めると、大概監獄か自殺かまたは在任中に暗殺されてるが、日本では首相経験者なんかがしゃしゃり出て、オリンピックに関わったり、「原発即時廃止」なんかを言ってる、という。それはそれで良いかもしれないが、原発は利権のカタマリで大会社が傾くし、何より廃炉は良いんだが核燃料の処理が議論されない。小泉なんかは無責任の極。それはあとから考えてとりあえず即時廃止・・は暴論。核燃料サイクルも廃止だからね。分かってんのかしら・・
**
キルギスの思い出③を更新しました。
  *
  *
***

2018年1月12日 (金)

シメ

シメという鳥は生意気な面構えで面白いと思う。野鳥捕獲が解禁になったら、こんな鳥は採られ過ぎて真っ先に絶滅してしまうだろうと思う。個人的な好き嫌いだけど・・右は一番気に入っているシメの写真です。

**
Img_7681aa  Img_5222aa
**
今日もツグミが多かった。左はツグミの群れ。右はツグミの中にヒヨドリ。
**
Img_7700aa  Img_7719aa
**
公園の疎林の下ではムクドリの群れ。またアオサギがいたが、カメラを向けた途端、飛びあがった。
**
Img_7674aa  Img_7672aa
**
公園の堤防ではアブラナが咲いていた。セイヨウカラシナとの雑種かも知れないが、葉からはアブラナだった。
**
Img_7665aa
**

キルギスの思い出②を更新しました。

  *
  *
***

2018年1月11日 (木)

飛来した白鳥分散?

今日は良い天気だったが、風が寒い日だった。こういうときは吹きっさらしの野っぱらより疎林でも雑木林が良いのだが、最近はそういうところはイノシシが出るし、今年は寒くて蝶も見られないので、もっぱら中途半端なとこで鳥見となる。今年は昨年より首が曲がってるし、寒さだけでなく昨年秋の悪天候の所為か蝶が早々と姿を消して今は全く見ない。昨年は12月31日と1月1日に蝶を撮ってる。今年は不作でないと良いが、と危惧する。昭和という時代にはまだあちこちで見られた蝶が平成に入って急速に姿を消し、その減少、消滅の傾向が続いているような気がする。春先たまに会う虫・花写真屋とは「・・には沢山いたけど、最近少ない」「ここでは・・年には沢山飛んでいたが、昨年から少なくなった・・」などという話を必ずする。寂しいことだ。毎年秋の大手町では虫屋の世界に変化が見てとれる。綺麗な虫ばかりではなく、ゲテモノ興味の女の子も多くなった。良いことか悪いことなのか分からないけど、これからも虫を楽しめる世の中であって欲しい。

**
今日も岩倉橋下の観察。ツグミばかりでめぼしいものは撮れなかった。
**
Img_7603aa
**
昨日と同じところでアオサギとダイサギが葦の陰に隠れていた。
**
Img_7612aa  Img_7619aa
**
岩倉橋と鏑川の白鳥は少なくなった。一時60羽以上いたものが、釣り屋が驚かしたり、狩猟犬を放したりして半分くらいになっていた。別に犯罪ではないが、こういうマナー違反が我々虫屋にも迷惑が降り掛かってくるのだ。左は岩倉橋下。下流寄りの岸から離れたところにかたまっている。右は鏑川。ここも50羽くらいいたものが、今日は25羽くらいだった。
**
Img_7601aa  Img_7628aa
**
鏑川から見た赤城山、右手後方の足尾付近の山は雪を被っている。
**
Img_7638aa
**
「キルギスの思い出」更新しました。
   *
   *
***

«烏川下流域の遊水池化

フォト
無料ブログはココログ
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ