2017年11月17日 (金)

世界遺産の谷戸・山名の秋

今日は朝は2.3度まで冷え込みましたが、日中は12.5度ながら陽が射して暖かでした。庭ではノコンギクが咲き揃いました。ただこの時間はクスノキの陰になってあまり綺麗に撮れません。

Img_2124aa
**
世界遺産の里・山名古墳群を行く上信電鉄。カエデも紅葉が綺麗になりました。
**
Img_2133aa  Img_2139aa
**
今日はまた山上碑は閑古鳥が鳴いていましたが、丘陵の尾根は秋の色が濃くなって来ました。上野三碑の幟は2種あって赤矢印が旧バージョン、白矢印が新バージョン。大したことではないですけど・・角が丸くなってるのと三碑のロゴの位置が違う。
**
Img_2145aa  Img_2148
**
昔は田んぼだった木部町は今やすっかり住宅団地で、公園もあり、イチョウが美しく黄葉していました。公園の向こうは鏑川の堤防です。やたら「まむし注意」の看板があります。つい先日河川敷でまむしをみました。子供を遊ばせる環境としては現在ではあまり宜しくないかも知れません。ただここから西の山名丘陵ではマムシ、ヤマカガシがやたらいましたが、イノシシが食べてしまうので、むしろこの辺の方が遭遇する機会は多いのです。
**
Img_2163aa
***

2017年11月16日 (木)

スバルフォレスター・四駆・MT

車が修理出来たというので、とりに行った。今度はキーレスが壊れた。キーか、中のセンサーか分からない。まだ6万キロなのに面倒な車だ。ガソリンが高くなってるので、また暫く乗らない。またどこか壊れるかも知れない。悪循環・・・

午後世界遺産へ行ってみたら、三碑めぐりバスは盛んに運行していたが、観光客はいなかった。これから寒いので、閑古鳥が鳴くことになるだろう。イノシシ山のワンコはのんびりしていた。このあと寝そべってしまった。イノシシ山の紅葉。
**
Img_2091aa  Img_2093aa
**
河川敷ではホオジロがいた。もうバードウォッチングの季節だ。河川敷から望む赤城山。
**
Img_2100aa  Img_2116aa
***

2017年11月15日 (水)

晩秋の蝶達

深秋の候、立冬から1週間、あと1週間で小雪です。まだ朝晩は冷え込まないけど、虫達はすっかり姿を消してしまいました。小春日和の日には成虫越冬種や決まった越冬態を持たない種は見られます。最近は暮を越して1月まで成虫が見られ、1月半ば頃から見られなくなり、3月頃新成虫が見られるもの(ヒメアカタテハ、モンキチョウ、ツマグロヒョウモンなど)、他に年内に死に絶えるまで子孫を残し続けるウラナミシジミや、蛹越冬といわれるモンシロチョウ、幼虫越冬のはずのベニシジミなどもこれから12月まで、年によっては来年1月半ばまで成虫がみられることもあります。それが何だと言われても何もありませんが・・・だけど来年春にまた沢山の蝶が見られるとうれしいですね・・

**
Img_2048aa  Img_2053aa
**
鏑川にダイサギの群れが居ました。用心深くカメラでやっと撮れる距離に近づくと一斉に飛んで逃げてしまします。
**
Img_2064aa  Img_2070aa
**
電線に鳥が沢山とまっていました。これも近づいて撮るのは難しいのですが、一昨日撮ったのはムクドリ(左)、今日はスズメ(右)でした。
**
Img_2019aa  Img_2078aa
**
ついでにヒイラギの花です。初夏に赤い実になります。赤い実のクリスマスによく出てくるものはセイヨウヒイラギです。
**
Img_2026aa
***
今日はN博士からErebia atramentaria についての「Butterfly Science」と「昆虫と自然」へ先生が投稿した別刷り2件を頂いた。Erebia atramentaria は特異なベニヒカゲでErebia 属とは形態的にも大きな違いがあり、先生は Sinerebia という属の新設を提唱された。蝶の生態写真や標本写真は今すぐ揃わないので、私がこのベニヒカゲを観察した青海省の達坂山の景観と花を貼ります。atramentaria は沢山いたが、日本のベニヒカゲの産地とは大違い。標高4000m以上のガレ場を敏捷に飛ぶ。ガレ場と言っても大きな礫がゴロゴロしてここで転んで当時のキャノンのカメラを壊し、カードに入った画像が一部取り出せなかった。
*
*
*
*
*
*
*
***

2017年11月12日 (日)

上野三碑めぐり

昨日は午後2時半頃出て上野三碑の様子を見て来た。まず多胡碑は何回も行ってるし、ハスの花の頃など行ったり、多胡碑記念館も入ったが、世界遺産になってからは初めて・・かなり人は出ていた。主におばさん連。説明する係員も数名待機している。以前は気がつかなかったが、折れ曲がった老木「羊様の榎」というのがある。「羊」はこの碑に書かれている朝廷の右大臣・藤原不比等、及び左大臣の名で「成給成多胡郡」とある。羊様はこの多胡の地の豪族の名であったという説と方角であると説があるらしいが、その「羊」を後世に伝達されたものであろう。この碑は1400年前のことだからそんな昔からこの榎があったというのは考え難いが、ケヤキより高木にはならないし、根本から枝分かれすることが多いので、若しかしたら奈良時代からあったものかも知れない。ご丁寧に「榎」は「国蝶オオムラサキ」の食樹であることも書かれている。ここにはオオムラサキは居ない。因みに日本の古代から有名なヤマトタマムシの食樹でもある。

**
Img_1922aa  Img_1924aa
**
そこから金井沢碑へ。ここは久し振りだったが、山上碑と同じく「上野三碑」の幟の立った階段を上る。ここで3時半頃。お茶をふるまっていた。あとは山上碑が4時頃で階段を登って戻った。
**
Img_1933aa
**
三碑もあまり歴史を知らないで行ってもつまらないだろうと思う。世界遺産は華々しいもの、美しいものでないと人気は出ない。冨岡製糸がそうだ。日光や厳島神社、白川郷などとは較べられない。
****
今日のイノシシ山のワンコ。黒いのは甲斐犬。
**
Img_1946aa  Img_1954aa
**
イノシシ山の秋もまだまだ。
**
Img_1947aa  Img_1953aa
**
アベマキも黄葉していた。
**
Img_1950aa
***
また何もないので、オランダの残りを貼ります。
*
*
****

2017年11月10日 (金)

日本蝶類科学学会 入会募集キャンペーン

★ このブログの写真はサムネイルですから、画像をクリックすると大きくなります。

日本蝶類科学学会では会員の入会キャンペーンをやっています。宜しくお願いします。

0027120
**
ホーム・ページのURLを貼っておきます。
*
*
***

2017年11月 9日 (木)

ムクドリ・ヤマトシジミ・世界遺産

ムクドリは昨日の写真です。まぁこれくらいの数なら我慢出来るでしょう・・

**
Img_1859aa  Img_1866aa
**
ヤマトシジミも青くなって来ました。今朝の庭にて。
**
Img_1874aa
**
イノシシ山の入り口は世界遺産になりましたが、ワンコは平和な生活を過ごしています。世界遺産入り口の「上野三碑めぐりバス」の停留所です。45分間隔で運転しているそうです。
**
Img_1878aa  Img_1888aa
**
イノシシ山はそろそろ秋の風情です。今日の午後は虫は何も見られませんでした。
**
Img_1883aa  Img_1884aa
**
世界遺産なので、遠くから訪れる人も多い。松本、多摩、とちぎ、袖ヶ浦各ナンバーの車。電車での最寄り駅は上信電鉄「西山名」駅です。ここに「明治維新・ハイテク空気入れ」なるものがありました。ホンマかいな・・
**
1  Img_1892aa_2
***

2017年11月 7日 (火)

立冬・ヒヨドリジョウゴ

今日は立冬でした。朝の冷え込みは未だです。以前は11月に霜が降りて、それから徐々に暖かくなるようでしたが、最近はどうなるか予想もつかないですね。

**
今日は午後また通院で潰れるので午前中に色々片付けました。スバル・フォレスターが車検です。今年で4回目。2008年初登録で、2013年まで50000KM、2015年60000KM、現在(2年で)6600KMです。スバルは良い車ですが、販売会社があまり良くないと思います。丁寧に乗っているので、まだまだ乗る気ですが、もう世の中マニュアル車がないので、この車を動かせる人がいなくなってしまう・・因みに下の息子しか運転出来ません。
**
で、午前中世界遺産に出掛けてみました。朝10時なのに、もう観光客がいました。そして「上野三碑めぐりバス」が運行していました。バス停もあります。
**
Img_1831aa  Img_1833
**
世界遺産の近くのワンコです。良い顔していました。イノシシ山では何年ぶりかでヒヨドリジョウゴをみました。残念ながら小さな株で、地面に這っているようなので、あまり綺麗に撮れません。種を採って庭で栽培して美しい実を見ようと思います。
**
Img_1827aa  Img_1838aa
**
今日も抜けるような青空でした。
**
Img_1857aa
***

2017年11月 5日 (日)

上野三碑・山上碑

今日は良い天気だったが、具合が悪く、夕方になって息子が3連休でいたので、山上碑に連れて行って貰った。碑から石段を見下ろす。もう夕方なのに観光客が絶えなかった。今までほとんど人に遇ったこともなかったところなのにさすが「世界遺産」登録は凄い。麦茶をふるまってくれる東屋も出来ていた。これから三碑のロゴの入った看板がどっと増えることと思う。

**
Img_1813aa
**
今日は庭の菊を貼ってみた。
**
Img_1788aa  Img_1789aa
**
Img_1790aa
**
ツワブキも久し振りで咲いた。昨年は咲かなかったので、もうダメかと思った。手入れ出来ないとどんどんなくなってしまう。無茎スミレやカタクリ、ショウジョウバカマ、ウスバサイシンなどもなくなった。県立博物館が貫前神社の階段途中で「資料館」と言ってたころそこで貰ったパンダスミレもなくなってしまった。
**
Img_1786aa
**
LIVEDOORのブログは人気ないので、オランダシリーズはもうやめる。マウリッツハイス美術館の絵を少し貼りました。暗いのであまり良くない写真です。
*
*
***

2017年11月 4日 (土)

昨日の秋晴れ

最近PCの前に少し長く座ってると首が硬直して痛い。今日は午後雲ってどこも出なかったけど、昨日の画像貼ります。

久し振りのジョウビタキ。河川敷からの青空が抜けるよう。
**
Img_1736aa  Img_1777aa
**
ボロボロのミドリヒョウモン♂とウラナミシジミ♂。
**
Img_1741aa  Img_177aa
**
こちらは成虫越冬組のウラギンシジミとムラサキツバメ。
**
Img_1749aa  Img_1767aa
***

2017年11月 1日 (水)

イノシシ山は秋

今日も晴れて風もなく暖かいのでイノシシ山へ行って来ました。上毛三碑が「世界記憶遺産」に登録されたそうで、今日は何時もはガラガラの駐車場も一杯でした。それでもそこから奥のイノシシ山へ行く人はなく道は荒れていました。入り口のワンコは毛を梳いて貰って毛並みは綺麗でした。

**
Img_1700aa
**
イノシシ広場への道・・誰も通らないのでしょう。奥はもう秋の風情でした。
**
Img_1705aa  Img_1710aa
**
蝶はキチョウが少し、ヤマトシジミが多数飛んでいたくらいで、他はヤブツルアズキの花蕾にウラナミシジミの卵が沢山付いていました。
**
Img_1716aa
**
鏑川の河川敷でもヒメアカタテハはボロでした。でももう一回年内に1世代繰り返すかも知れません。
**
Img_1728aa
**
こんな絵を拾った・・・
**
2344803aai
***

«河川敷の動物

フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ